麻酔科看護師 看護師のバイト.com

スポンサードリンク

麻酔科看護師

麻酔科看護師は、日本では存在しませんが、アメリカでは、麻酔専門看護師といってRN(日本での正看護師)の上に位置する資格があり、薬物処方を含めて麻酔管理ができるようになっています。日本でも麻酔科学会からは麻酔医不足を解消するためにアメリカのような麻酔専門看護師の創設を要望する意見もあるようですが、反対意見があり今のところ実現の見込みはないようです。


ですが、現状では、手術室看護師が、麻酔科看護師といってもいいといえます。手術室に常勤しているスタッフといえば、麻酔科医師と手術室専属看護師だけです。執刀する各科の医者というのは、手術の時に手術室に来るだけですから、手術室全体のことをよく知っているのは麻酔科医と手術室専任看護師だけなんです。意外ですが。


手術室看護師は、手術の流れ、全身麻酔・脊椎麻酔・硬膜外麻酔のこと、麻酔にまつわる合併症など、手術室勤務であれば最低限知っていなければならない事柄があります。


実際の手術では,外科医は術野に集中していますし、麻酔科医は麻酔に集中しています。ですから、手術全体のマネジメントは器械出し以外の外回りの看護師がコントロールするのが適しているといえます。ですから、アメリカでは、麻酔看護師なんです。


現在でも、手術室看護師の多くは、例えば出血量と各種バイタル、手術全体の経過を踏まえたうえでの、タイミングを見た輸血のコールといったことを行っていることがほとんどといえます。こうしたことを、もっと、積極的に行うことができるようにしているのが、アメリカの麻酔看護師なんです。それには、当然ですが、豊富な知識と経験を持つことが、そして、手術室全体を見通せることが必要になります。


目下のところ、医師不足は早急に解消できそうにありません。であれば、医師の負担を軽くできるコメディカルを充実させるのも必要なことであると考えられます。

タグ:看護師

スポンサードリンク

[あとで読む]

東京近郊の看護師求人は[ナースではたらこ]


介護・医療・福祉のお仕事探しは 介護求人ナビで!
介護求人ナビは、介護・医療・福祉の求人・転職サイトです。株式会社プロトコーポレーション(以下当社といいます)と当社が提携するウェブサイト・ウェブページによって構成されているサイトです。


看護師の転職サポート「ナースコンパス 転職版」マイコミエージェント
看護師の求人・転職の専門サイトです。株式会社毎日キャリアバンクが運営するサイトです。総合人材サービス企業である毎日コミュニケーションズ(マイコミ)グループの一翼を担う人材紹介事業会社です。


お祝い金がもらえるアルバイト・パート探しは「くるくるバイト」!
アルバイト・短期バイトの求人情報サイトです。お祝い金がもらえるアルバイト求人情報サイトです。株式会社 ジョブリンクが運営しています。



Google










マタニティセラピストへの道






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。